FC2ブログ
元来、魚津という土地は知的生産の盛んな土地柄であり、その代表として「魚津の三太郎博士」が挙げられます。現在の魚津にも高い技術力をもつ中小企業が存在します。このブログは、それを広く感じてもらうために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラたん金型を作って-有限会社 石﨑製作所-

わが国の製造業の要となる、多種多様な生産用機械。
これらの製作のために必要不可欠なのが、金型です。

魚津市内にも、金型の製造を行っている企業がたくさんあります。
今回の三太郎ブログでは、

平成24年10月に石川県で開催された
「しんきんビジネスフェア 北陸ビジネス街道2012」で
魚津市イメージキャラクター「ミラたん」の金型を展示された
有限会社石﨑製作所を紹介します。

お話は、有限会社石﨑製作所 代表取締役社長
石﨑津世志 氏に伺いました。


石﨑氏
取材に応じて下さった石﨑社長

【インタビュー】

 石﨑製作所は、どういったものを製造しておられるのですか?

 主に金型や、その他機械部品、一般工作部品などを製造しています。
 カメラや電話、野菜の皮むき器、赤ちゃん用のおもちゃなど、プラスチックで出来ているものはほとんどすべて、金型からできています。
 基本的には、発注されるお客さんの注文に合わせ、オーダーメイドで金型などを作っています。


 「しんきんフェア」に出展されたきっかけを、教えてください。

 「金型」とはどういうものなのか?またどのようにして使うものなのか?ということを知ることで、一般の方にものづくりや製造業にもっと関心をもってもらいたいと思って参加しました。

ミラたん金型
「しんきんフェア」で展示したミラたん金型

 このような金型は、今までは三面図(ものを正面・側面・平面から描いた図)を作成してから作っていましたが、3Dスキャナーや3Dプリンターなどの登場で、もともとあるものをすぐに三次元にして作ることができるようになりました。

 昔よりものづくりが身近になった、ということで、ものづくりが変化していることも知ってほしかったのですが、なかなか理解してもらえないようでした。

 「ミラたん」金型の反応は、どうでしたか?

 金型というものを紹介するのに、ミラたんが分かりやすく身近なものだったので、ミラたんの金型にしたのですが、しんきんフェアがどちらかというと業界向けのイベントだったこともあり、反響はよくわかりませんでした。

 出展当時(平成24年10月)はまだゆるキャラグランプリなどにも出てなくて、ミラたんの知名度もあまり高くなかったと思います。もっといろいろな場面にミラたんが登場すればいいのではないでしょうか。

 魚津の環境について、どのようにお考えでしょうか?

 学生時代富山を離れていましたが、水のおいしさ、環境のよさを実感しました。
 今回、魚津三太郎塾にも参加しているのですが、改めて魚津のすごさを感じ、この環境が維持されつつ、町が活性化していくことを願います。

 (注:「魚津三太郎塾」についてはこちらをどうぞ)

 今後の事業展開について

 今後は、大量生産・大量消費を目的とした種類の金型は海外生産となるでしょう。
 私たちは、中小企業という利点を生かし、お客さんのニーズに合わせたものづくりを進めていきたいと思います。今回展示した「ミラたん金型」も、希望があれば販売もしたいと考えています。

 若い人たちの間で、製造業に就くのを嫌がる傾向がありますが、日本のものづくりはとても大事な産業で、途絶えさせてはいけません。大手の製造業の企業でも、若い人を集めるのにいろいろ工夫されておられますが、これから就職を考えている方には、、中小の製造業にも目を向けてもらいたいと思います。

 ミラたん焼き
 ミラたん金型で焼いたミラたん焼き
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

uozusantaro

Author:uozusantaro
富山県魚津市の企業・産業を知ってもらいたいと感じている市職員グループです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
since 2010-04-15
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。