元来、魚津という土地は知的生産の盛んな土地柄であり、その代表として「魚津の三太郎博士」が挙げられます。現在の魚津にも高い技術力をもつ中小企業が存在します。このブログは、それを広く感じてもらうために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッグウェア製造のオーアイ工業を訪問しました

レッグウェア製造のオーアイ工業を訪問しました

 1887年(明治20年)に新角川で、「愛宕屋」の屋号で足袋の製造・販売を開始したオーアイ工業。現在はレッグウェア(ストッキングやタイツ)などの製造を行っています。1989年(平成元年)には業界初の伸縮性に富んだ糸だけで編んだゾッキパンストの開発に成功し、その後、このゾッキが業界の常識となりました。
 百余年の歴史に裏打ちされた高品質のレッグウェアを製造するオーアイ工業に取材を行ってきました。

オーアイ工業社長   レッグウェア

大愛高義社長                                                              オーアイ工業が製造するレッグウェア

業務内容について教えてください
 レッグウェアの自社ブランド生産とOEM(他社ブランド生産)を行っています。
 
「魚津の地の豊かで美しい水資源を活かし、質の高いものづくりをしていきたい」との思いから製造にあたっては、魚津にある自社工場のみで一貫生産を行っています。

業界の動向について教えてください
 レッグウェアを用いるのは女性ですが、その流行は必ず移り変わります
 例えば、数年前まではカジュアル系が流行だったものが、今ではフェミニン系に移り変わっています(※)。また、フェミニン系の中においても、初期に売れ行きが良かったのがカラータイツ(全32色)です。その後は柄タイツ、今ではレギンスや昨年からトレンカに移行しているといった状況ですね。
 そしていずれはまた、カジュアル系(といっても以前のものとは少し違う形で)に戻る時期がくるわけです。近年においては、この移り変わり
サイクルが早くなってきているため、今まで以上に、先読みする力も重要になってきています。
 私たちも「東京ガールズコレクション」を見たり、原宿など流行の発信地の定点観測も行って波をつかむようにしていますね。
※カジュアルが男女の差の少ないファッションだとすると、フェミニンは女性らしさを表現するファッション。

  
近年では自社ブランド(MORE)も設けられたとか
 取引していた会社を引き継ぐ形で自社ブランドとしました。
 また、3年前からデザイナーを雇いました。そのほかに展示会など新しい方法でのアピールも考えています。
 
常に同じことをしていてはいけないので変化が求められていますね。

変化しながら展開しなければいけないわけですね
 実際、流行にマッチしていないものだと、消費者は見向きもしてくれません。流行には敏感でないといけませんね
 ただ、その一方でも、品質といったものは別です。流行によって品質を悪くしてはいけません。常に今よりも良いものをという理念に基づいて作り出していく必要があります。例えば、冬にあわせ保温性を高めたものや、高齢化を見据えて血行促進などに配慮した健康に結びつく商品などがそれです。

流行にあわせつつも、品質には妥協しないというわけですね
 変化に対応する必要があるとは思いますが、品質のように理念に直結するようなものは絶対に曲げてはいけません。
 近年では中国を中心として、東南アジアの製品も多く出回っています。ただ、品質はやはり悪いものが多い。こういった市場に対応するためにあえて品質を落としてコストを下げるといった選択をする企業もあるでしょうが、わが社ではそれはありえません。
品質を高めて、むしろ差別化を行います。安売りを行ってしまうと、ブランド価値がさがります。食品で言えば偽装問題のようなものも生じているでしょう。あれは、理念をもたないとか理念を曲げてしまったためにもたらされた結果だと思います。理念を曲げてはいけない


理念という言葉がでましたが、御社の理念についてお話いただけますか
 わが社の理念は「お客様」「社員」「地域」を大切にというものです。
 よい製品をお客様に提供し、社員に誇りを持ってもらい、地域の発展に協力することです。地域のためにということでは、近年、工場見学なども始めましたね。 また、日ごろから社員には地域の活動に積極的に参加してほしいと伝えています。地域でコミュニケーションをとることは自分自身にとってもプラスになるでしょうし、それが、きっと会社にもプラスになるでしょうから。

社員の話もでてきましたので、人材についてお聞きします
例えば、実際に採用するとなればどんな資質を重視されるのでしょうか

 ものづくりにおいては、チームワークやチームプレーが重要です。
 前工程の人は後工程の人のことを考えながら仕事をしていかなければ、いいものは作れません。 ただ、チームワークさえ高ければ個人の能力が低くても良いというわけではありません。ちゃんと
11人の能力も高めていく必要はあります。

編立工程 

工場写真(編立工程)

チームワークを高めるためや個人の能力を高めるために会社としておこなっていることなどはありますか 
 ものづくりでは、様々な工程が存在していますから、常に情報を共有する必要があります。2~3ヶ月に一度は全体集会を行いますし、寄せられたクレームも全員で共有して原因を突き止め対策を講じています。売上や利益についても数字を全員で共有するようにしています。
 工場内には「この工程が遅れ気味です」といった看板や機械の使い方を写真で示した看板がありますが、これも情報共有の一環ですね。理解を深めやすいように「一目」でわかるようにしています。 また、個人能力を高めるために、技能士の
資格取得などを推奨しています。現在は一級技能士が4名いますね。

そういえば、仕事と子育ての両立を支援するために行っていることがあると聞いたのですが
 託児所を設けている点が珍しいかもしれませんね。
 わが社で働く7割が女性です。しかし育児のために会社を辞めざるを得ないことがよくありました。 そこで、1993年に保育士を雇用し託児所
を設け、3歳までのお子さんを預かることにしました。同じ敷地内に子どもを預けることが出来るため、安心して仕事をすることができると評判です。就職活動をしている方の中にもこういったことに関心のある方が増えていますね。

今後の課題などはありますか
 団塊の世代の退職を控え、技術の継承というのが大きな課題です。 工程の中にはどうしても人の手で行うことが必要なものがあり、この工程の積み重ねで品質を維持できています。だからその技術の継承が非常に大切なわけです。
 わが社なりの技術伝承としてまずは、技術者の持つ技術の洗い出しを行い把握します。例えば、糸を通すといった熟練者では当たり前で簡単なことであっても、熟練していない人にとっては技術が必要なわけです。こういったことを一つ一つ洗い出して、先生と生徒を明確にして継承していくようにしています。
 
魚津市について思うことがあればどうぞ
 染色に魚津の水を使うといい色が出るんですよ。また、50年も住んでいますが、とても好きな街ですね。
 しかし、今後もっと濃い特色が必要なのだと思います。他の市町村との
決定的な差別化、特性が必要だと思います。
 これまでの行政の産業政策は、企業誘致に主眼が行きがちでしたが、今後は、現在
魚津市にある企業をどう生かしていくかが重要になるのではないでしょうか。
 実情にもっと目を向けるためにも、企業訪問をもっと行い、問題を聞いて、できることなら、それに対応できる情報などの提供も行ってほしいと思います。
 そうなるためには、日ごろから
Face to faceというのが必要だと思います。やはり人と人とが顔を会わせて話しをすることが重要なのではないでしょうか。


ココから先は入社数年目の社員方へのインタビューです

板井さん 

  板井さん
   魚津生まれの魚津育ち
   関西の大学卒業後オーアイ工業に入社(3年目)
   大学では経済を専攻

入社のきっかけは
 学生時代は関西にいたのですが、どうもなじめない部分もありました。魚津の方が自分にあっていたのだと思います。次第に慣れ親しんだ地元で就職したいと思うようになり、地元企業を選択しました。
 もとは教員志望でしたが、富山市で行われた就職説明会でたまたま最後に出会ったのが「オーアイ工業」でした。採用担当の方(黒部取締役総務部長)と話をする中で、
ものづくり一貫生産しているところに大変興味が持て、生産現場で稼動する機械や働いている人々を実際に見て本当に面白そうだな、ぜひ働いてみたいと感じるようになりました。
 
現在の仕事は 

 生産管理ということで、注文に対し、納期に間に合わせる仕事を行っています。具体的には、納期、受注数、在庫数、生産加工日数などを考慮し、稼動する機械台数を調整、指示、進捗確認するなどを日々行っています。

やりがいはありますか
 入社当初は、企画の部署に憧れのようなものを感じていました。自分達が企画したものが出来上がって商品として並ぶわけですから本当にうらやましかったですね。それに対して生産管理と言うと数字だけを見ているような感じがしてものづくりの実感がわかなかったんです。
 でも、最近は
自分の作った工程で工場が稼動していることに喜びを感じています。工程管理を失敗すると納期が遅れるわけですが、そういう時に頭を下げたりしながら、みんなで機械を動かして、納入に間に合った時は本当にうれしいです。一つのことに向かってみんなの力が一つになる時ってすごいパワーですよね。そういった経験がとても心地よいです。
 
失敗談などありますか
 入社当初、どうしても年齢を意識してしまって、先輩の従業員に指示が十分にできなかったんです。商品が思うように生産できず、売上の機会を失ってしまうという失敗もありました。 でも、その失敗から、今何を求められていて、今どんな指示を出すべきなのか、それをちゃんと伝えることの大切さを学ぶことが出来ました。

どんな雰囲気の会社ですか
 チームワークのある会社だと思います。
 年齢性別の区別を越えて、つながりが強いと思います。ざっくばらんというか、気さくな感じで、
若者であっても思いを伝えることができます。それはファッションと言う移り変わりの激しい業界だからこそかもしれません。若者の感性も大切にしてくれますね。

就職活動をしているみなさんに一言 
 僕は運よく企業説明会でオーアイ工業と出合い、その後も縁のようなものに導かれて、トントン拍子に進んで就職しました。そんな僕が、言うのもおかしいですが、ぜひたくさんの企業を回ってほしいと思います。それを繰り返している中で、きっと自分にあった企業というものが見つかると思います。

有賀さん 
  有賀さん
   長野県の出身
   関西で勤務後、オーアイ工業に入社(2年目)
   大学時は化学を専攻 
 
入社のきっかけは
 もともと関西で働いていたのですが、子育てを契機に妻の地元である魚津に就職することにしました。 オーアイ工業に出会ったのは、県が行なっている富山県Uターン情報センターの紹介です。

現在の仕事は
 現在は資材課で糸や機械部品の調達や仕入れを主に行っています。
 昨年までは、規格課に配属されていたので、新しい糸で試作品を作ったり、新しい製品の生産などしたりしていました。

やりがいはありますか
 規格課にいた頃は、自分達が企画したものが製品になっていく時に喜びを感じました。
 今の資材課では、現場を回すために資材が必要なわけで、
納期に間に合うと喜びを感じます。他にも、いい糸かどうかを見分けたり、うまく製品にするために使い方を研究したりして、その後ちゃんと生産ラインに乗るとうれしいですね。

失敗談などは
 全社的な動きを把握していないと、急に動く時に調達の手配が間に合わないことがあります。資材が足りなくなることもあり「失敗したな」と感じることもあります。でもそこは、チームワークで乗り切っています

魚津のイメージについて
 本当に魚がうまいなと思います。スーパーに並んでいるものも新鮮でとてもおいしいです。

魚津には、桃山運動公園や水族館、ミラージュランドがあり、家族で遊ぶ場所も結構多いので助かっています。
 特に不満はないのですが、あえていうなら、若者が飲みに行くような飲み屋が少ないというのがあるかもしれませんね。

どんな会社ですか
 女性が多くて明るい職場だと思います。
 託児所もあるなど福利厚生が充実している会社ではないでしょうか。
 託児所は、私も利用させていただきましたが、とても助かりましたね。

就職活動やこれから就職する人たちに一言
 いろいろな会社をよく見学してはどうでしょうか。就職には縁というものがあると思います。
 また、就職してからはどこにいても辛いことはあると思います。でも勤務している以上、それに立ち向かわなければならない時もあると思います。
逃げないことも大切かもしれませんね。また、学生時代だけでなく就職後も常に学ぶことの連続です。そういったことも忘れてほしくないと思います。


オーアイ工業HP
http://www.oaikogyo.co.jp/



編集後記


 今回、オーアイ工業を取材して感じたことは、“こだわり”の大切さでした。当然のことかもしれませんが、それが“ものづくり”の原点であることを気づかされました。

 人材や地域を大事にすることも、それにつながるものであるという考え方に共感を覚え、重要さを実感しました。

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

uozusantaro

Author:uozusantaro
富山県魚津市の企業・産業を知ってもらいたいと感じている市職員グループです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
since 2010-04-15
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。