元来、魚津という土地は知的生産の盛んな土地柄であり、その代表として「魚津の三太郎博士」が挙げられます。現在の魚津にも高い技術力をもつ中小企業が存在します。このブログは、それを広く感じてもらうために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆布じめ刺身のかねみつを訪問しました

昆布じめ刺し身の“かねみつ”を訪問しました

富山県に江戸時代から伝わる昆布じめ刺し身を、より多くの人においしく食してもらうために日々試行錯誤している株式会社かねみつ。最近では新商品「イカロール」の製造販売に着手するなど、開拓者精神を常に持ち続けています。昭和49年の製造販売以来、今なお上質な味を提供し続ける株式会社かねみつを取材しました。  

  かねみつ看板 金三津社長  

株式会社かねみつ           金三津 貢 社長

 

まず会社概要、主力製品についてお伺いします

昆布じめについては、昭和49年に個人創業しました。私は漁師の生まれで、子供のとき母親に昆布じめを食べさせてもらった思い出があります。魚津は当時かまぼこ一色でしたが、母親に作ってもらった昆布じめの味が忘れられなくてこの会社を始めました。当時、魚津でとれる魚はたくさんありましたが、一番昆布になじんでおいしいのはカジキだと思います。それでカジキを主力にして会社をたちあげました。

 

昆布じめを専門にした会社、商店は他にはなかったのでしょうか

滑川に、ほぼ同時期に創業したお店があったかと思います。それ以前は、魚屋や家庭ではそれぞれやっていたとは思います。ただ、商品化して県外に出荷したり、スーパーに出荷したりしたのは我々が最初でしょうね。

 

家庭でも昆布じめをつくっていたんですね。

背景にはいわゆる北前船の恩恵があるわけです。北前船が、昆布・にしんなどを北から運んできました。当時はマダラ、ヒラメなど、魚がたくさん取れた時代でした。ですが、漁で魚が取れる日もあれば取れない日もあるわけで、魚が取れたときに多少保存しておく必要がありました。漁師のお母さんは、当時は冷蔵庫がない時代ですから、魚を昆布の上に並べて重石をして洗面器の中に入れて、滝水を冷蔵庫代わりにしていましたね。そういう中から昆布じめっていうものが生まれたわけです。また、昆布じめにすると、魚にうまみが生じます。漁師の母さんたちの生活の知恵、食文化の賜物ですね。

 

昆布のうまみの成分により、保存だけでなくおいしく魚を味わえるという面もあるんですね

そうです。昆布に含まれるうまみ成分は有名ですし、その他にも昆布にはいろんな成分があります。例えば髪の毛にいいだとか。それで創業当時は、一段上の高級品のつもりで昆布じめを作ったのですが、最近はいつの間にか安売りの対象になってしまっている現状があります。昆布じめは、本来安売りの製品にすべき商品ではないと思います。それだけ手間と費用がかかるのです。昆布ひとつとっても、昆布じめにあうものを選ばなければなりません。魚は鮮度が良いのは当たり前、後はどんな昆布を使うかが昆布じめ屋の技術です。昆布の質を落とすと昆布じめの価値がなくなります。魚津で育ててもらった昆布じめですから、私はこれからもこのこだわりは持ち続けていきます。

 

会社としての試みはありますか

我々が富山県で初めて、東京のデパートの物産展に進出しました。東京のデパートでは、昆布じめを知らない人ばかりでした。高島屋さんとかそういうところで日本の味百選がありまして、それに呼ばれて現在も続いています。昆布じめは中身が見えず見た目がまっ黒で、おいしそうとは思えない。(笑)ただ三口ほど噛むと顔がほころぶ、「おいしいですね!」と。

進出当時、昆布じめを全国の人に食べてもらいたいと心がはやっていたので、行けば毎回何十万円の赤字になるわけですが、よく25年も続けてきたと思いますよ。私の夢であった日本橋の三越と高島屋にも入れてもらえました。何事も最初に行動を起こしたものが勝つのです。

 

赤字であるにもかかわらず、出展するのは知ってもらいたいからということでしょうか?

そう、宣伝です。従業員には片時もそれを忘れてもらっては困ると言っています。魚津市がこれによって少しは知ってもらえるわけですから。今だってそんなに黒字になりませんよ。やっぱり赤字です。それでもあえて東京に持っていくと「ああ、魚津の浜でとれた魚ね」と、やっと富山県や魚津市の出身の方が一つでも二つでも買ってくれるのです。これは私に課せられた永久の課題だと思っています。一人でも多くの人に昆布じめを知ってもらうためには、これからもやっていかなければなりません。行けば損、行けば損で大変な思いですが、東京の方が、かねみつはこういうところかと来てくれたりしますし、県外から定期的に買いに来てくださる人も多くいる。我々の努力がようやく根付いてきたのです。

 

魚津では魚の絶対量が少なくて、種類が多いと思うのですが

魚津の魚を全部出したいけど出せないのです。全部まかなうほどの魚が魚津じゃとれない。絶対量がないのです。魚津の魚だと限度があるので、これからは日本海の魚というくくりにするかという考えもあります。ただ「魚津の魚」のほうがインパクトが強いんですね。それに、富山県魚津という看板があれば、魚津出身の方は自分たちの街のものがどこかと、看板を見て買いに来てくれる。有名人の方からも注文がありますね。

 

魚津市に対する思いや要望、今後どうしたらいいなどはありますか

海の駅の話になりますが、魚屋さんの出店が一店しかないことが残念です。観光も大事ですが、市民の皆さんが車で買いに来るようなところにしなければいけないと思います。もう少し行政に目を向けてもらって、出店料を低くするとか考えてもらえればもうちょっとよくなるのではないでしょうか。

富山商工会議所では富山の名産品としてかまぼこ、ますずしに続く第三の名産品として昆布じめをブランド品として扱ってくれました。観光に力を入れるのであれば、観光客の誘導を、行政で大々的にやっていただければいいなと思います。そうでなくては、このままでは廃れます。例えば私の世代がいま情熱的に昆布じめをやっていますが、次の世代はわからないものです。

これからはみんなで魚津の観光を考えるべきです。魚津に根付いた観光資源はいくつもあります。それらをひとつひとつ育ててやってほしいと思います。そうするうちにそれがいつの間にか立派な観光資源になっているものです。ある程度行政で宣伝していけば、それは可能だろうと思います。また魚津市民もそういったことに関心度が薄い現状がありますね。

今やっと洞杉などが注目されるようになりましたね。こんなに海と山が近いところはないですよ。これを活かしきっていないのではないでしょうか。掘り出せば魚津の観光資源はまだたくさんあると思いますね。何でも先にやったものの勝ちでしょう。魚津はもっともっと先に名乗りをあげていかねばなりません。ここらからどうするかは大きな行政の問題だと思います。

 
かねみつ商品1 かねみつ商品2   

各種商品 


かねみつ 大重さん 

大重さん  滑川市在住

 

いま、どういった仕事をしていますか

昆布じめを作って、切ったり成型したり真空包装などをしています。

 

入社当初は戸惑ったりしましたか

種類が多いので覚えるのが大変でした。種類とか呼び名(番号)などがあるので、例えばカワハギとかだったら0662とか。番号を覚えるのに苦労しました。

 

失敗談などありますか

二段づけにしないといけないのを、間に板を入れるのを忘れて四段づけにしてしまったことです。それでしかられたことが何回か。

 

昆布じめは昔から食べていたのですか

昆布じめは小さいときから食べていました。家でつくることが多かったので。父が魚を取ってきたら、余った魚を昆布じめにしていました。

 

仕事をしていての楽しみは、目標などはありますか?

お客さんにおいしいものを提供しようと心がけています。

 

この会社に就職したきっかけは

元々食品を作るのが好きなんです。上手ではないけど作るのが好きで。以前も食品加工業で働いていました。海の駅の朝市でたまたまここの商品を買って、食べたらおいしかったので作ってみたいと思ったのが就職のきっかけです。実際に作るところを見て楽しそうだなと思ったのがきっかけですね。

 

ここの社員の方は商品に対して誇り、愛着をもっていると聞きましたが

みんな商品に誇りを持っていますね。ですから、おかしいところがあったらすぐに工場長に伝えます。

 

そういうことが自由に言える雰囲気なんですね

そうですね。皆さん元気で和気あいあいと何でもしゃべれるような優しい方ばかりです。

 

何か目標はありますか?こうしていきたいとか、例えば新しい商品を開発したいとか。

まだそこまでは考えてないですが・・・早く工程を覚えて、人に聞かなくてもいいように自信を持って仕事ができるようになりたいです。

 

魚津の印象は?

富山方面よりも海産物の製造関係の会社が多いですね。

 

本当に作ることが好きなんですね

魚もさばかせてもらっていますので楽しいです。魚さばくのも得意だと思っていたんですが、ここに来ると技術とかが会社と家とはまったく違います。包丁の大きさも全然違うので苦戦しました。

 

魚津だとどんなところに遊びに行きますか

海などに行きますね。あとは桃山が好きです。景色を見に行きます。高速道路とかの夜景も好きですね。



かねみつ 森下さん   

森下さん   富山在住(入善出身)

 

森下さんは営業ということですが具体的なお仕事の内容は?

営業職も色々担当がありまして、当社ではスーパー関係の配達兼営業、百貨店・ギフト系の営業、私は業務用営業をしています。市場、珍味問屋、全国的におせち関係の提案、あと旅館、ホテルのメニューの提案をしています。市場や問屋相手の営業ですね。一人でやっています。

 

ノウハウ含めて、一人でやるとなると開拓など難しいのでは

そうですね、当社で初めての業務用担当だったので、最初はまず何をしていいのかからない。どうしようというところから始まりました。まずどういうお客さんがいるかを調べて、そのお客さんのところへ業務問屋の担当になったとあいさつに行って。やっぱりいきなりは情報をくれませんね。情報は信頼を得て次第にという感じです。問屋のキーマン、動かしている人をいかに見つけるかが大変です。

 

困難なことやっておられますが、やりがいとか達成感もあるのでは

それは十分にありますね。例えば1つのメニューで大きな取引が決まればこれはやったぞという。大きな取引になるとお客さんとそれだけ密に接しているからということになりますから、それが楽しいですし面白みがありますね。

 

都会では海産物は好評なんですか

海産物自体やっぱり珍しいみたいですね。干物系が求められます。でも、昆布じめは知らない人がまだ多いですが、その分面白いですね。食べ方も分からない、「なにこれ?」からはじまってそこからの説明になります。食べてもらってから話をしないとなにも伝わりません。食べてもらってようやく説明になります。昆布じめの見た目はおいしそうに見えませんし、不思議がられますね。

 

商品的には富山湾産のものと海外産で分けますか

業務用筋ではほとんど海外です。商品を切らすわけにはいかないので。国産のものでは個人店、百貨店では限定商品として出せますが、安定した供給量がある海外産もやはり必要となりますね。例えば黒カジキは海外産が主流ではないでしょうか。

 

商品のPRの際にはどの点に重点をおいているのですか

昆布じめは刺身より日持ちがすること、生臭みがないこと、これを強調します。刺身は1、2日しかもちませんが、昆布じめはその倍もちますし、冷凍保存しても味が損なわれません。刺身との大きな違い、使いやすさを先に説明します。あとは価格帯ですね。刺身は相場が上下しますが昆布締めは一定、価格も一定ということもアピールします。

 

失敗はありますか

私は一人で走ってしまうほうが多い、誰にも言わずにこうだとひとりでつっきってしまうタイプなんです。商談で商品を最後まで決めてしまってから工場に相談して、そんな事聞いてないし原料をどうやって調達するんだと後で怒られることもたびたびです。失敗は成功の基と考えていますが・・ただ自分なりの理由がありまして、お客さんが求めるものを自分で作ることにより、その商品の良し悪しが分かるからです。

 

前に進もうという気持ちは大事だと思います。昨今は就職難の時代ですが就活中の方にアドバイスはありますか

仕事は常に我慢ではないかと思います。私は実はここが三番目の会社で、この会社が一番長いです。次もしどこか行っても何かが犠牲になるだろうと思います。我慢して続けていけばいつか後から実りが出ると思います。

そして楽しいことを考えて、失敗も苦にせず、いいことばかり考えながら楽しくやっていくのが一番だと思っています。お客さんとも楽しくやっていかないと、暗いと相手にしてもらえないですから。

 

魚津に要望などありますか

県外からお客さんが来たとき、駅周辺に魚津名物や富山名物を食べるところがないように思います。この辺に昼間でも、魚津のものが食べられるといころがあればおもしろいと思います。夜であればお酒を交えながら地元食材を食べられるのでしょうが。

 

編集後記

今回かねみつを取材して印象的だったのが、「何事も最初に行動を起こしたものが勝つ」という社長の言葉でした。そして、創業以来今もなおその理念に沿って積極的に事業活動を展開していることに、感嘆の念を感じずにはいられませんでした。社長をはじめ従業員の皆さんのつねに前に進もうという姿勢、開拓者精神は我々も見習っていかなければならないと思いました。

 

 

株式会社かねみつHP

http://www.kobujime.com/

スポンサーサイト
プロフィール

uozusantaro

Author:uozusantaro
富山県魚津市の企業・産業を知ってもらいたいと感じている市職員グループです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
since 2010-04-15
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。